看護師

もうすぐ出産

臨月の過ごし方

妊婦

臨月になればいつでも生まれて大丈夫とは言われていますが、胎児の成長によってまた異なってきます。ボーダーラインと言われている基準は37週以降で胎児の重さが2500グラム以上です。そのラインを超えるといつ生まれても大丈夫なのですが、例えば週数が37週を超えていたとしても胎児の重さが2500グラムに達していない場合は低体重として扱われてしまい、保育器に入る可能性も出てきます。ボーダーラインをクリアしますと臨月になればいつ生まれてもおかしくありませんから、しっかりと入院の準備をしておきましょう。自宅から病院までの交通手段もあらかじめ確保しておいた方が安心です。念のためにタクシー会社の番号を控えておきましょう。

遠出はしないようにする

臨月になるといつ出産してもおかしくない状態ですから、あまり遠出はしないようにしたほうが賢明です。特に経産婦の場合は陣痛が来てから出産に至るまでが早いと言われています。病院へ1時間以内で行ける距離にいるようにした方が安心でしょう。胎児が成長しすぎてしまっても産道を通ることが出来なくなってしまいますから、臨月になったら適度に身体を動かして陣痛を促すようにした方が良いかもしれません。この時点で逆子の場合は高い確率で帝王切開になる可能性があります。計画分娩として扱われることもありますから、主治医の指示に従うようにしましょう。出産はいつ何があるか分かりませんから、出血したりいつもと違うオリモノが出たらすぐに病院へ連絡しましょう。