お腹

臨月を迎えたら行うこと

出産の準備を行いましょう

医者

臨月とは妊娠36週を迎えた時期のことを指し、37週いこうは早産ではなく正常にお産をむかえることが出来るまでお腹の中で育っているという状態です。 いつ生まれてきてもおかしくありませんので、臨月の妊婦の方は心構えと準備が必要になってきます。 37週からは生産期と呼ばれており、陣痛の始まりや、少量の出血からお産が始まるしるしを読み取ることが出来ます。 いつ来るかわからない陣痛なので、臨月の妊婦さんはつい家の中に篭りがちですが、積極的に外出、散歩をすることによって、スムーズなお産が行えますのでしっかりと運動を心がけると良いでしょう。 また、臨月を迎える前の母体はしっかり栄誉をとるためにマカなどの効果のある栄養成分を取り入れて、元気な赤ちゃんを産む準備をすることも大切です。

臨月の間に行いたい事

臨月を迎えると、お腹もずいぶんと大きくなりそろそろお腹の赤ちゃんとのご対面も間近となっていきます。 赤ちゃんを迎える準備はちゃんと出来ているか今一度確認をしておくと良いでしょう。 また、お産を終えてお母さんは約1週間、帝王切開でのお産の方は10日ほどの入院生活があります。 その間の、ご主人へお願いしておくことや、貴重品の場所を把握しておいてもらうといざと言うときに慌てなくて済みます。 精神的に不安に思うことは臨月の間に解決しておくと、すっきりとした心構えでお産に迎えることが出来るでしょう。 赤ちゃんを出産すると、とても忙しい生活が始まります。 今のうちに行っておきたいことなどは、無理のない程度にしておくと良いでしょう。

もうすぐ出産

妊婦

臨月になるといつ生まれてもおかしくないので、いつでも入院できるような準備をしておく必要があります。タクシーの番号を控えておくようにしてください。すぐに病院へ行けるように遠出は避けるようにしたほうが賢明です。

詳細を確認する...

避妊も大切

医者

今は通販全盛期なので簡単にアフターピル通販で購入できます。 ただし安全な服用を考えるのであれば、婦人科での診察は必須事項と言えるので、正しい処方を受けた上で購入していきましょう。

詳細を確認する...

卵子の提供

卵子

子供が欲しいけど子宮の働きによって諦めている人もいます。特に卵子が原因で諦めている女性が多くいます。卵子の問題ですが、以前から話題になっている卵子提供を利用することで解決出来るようになっています。

詳細を確認する...